CULTURE.NAGANO長野県文化芸術情報発信サイト

イベント情報

彫刻家 篠田守男 ― Subconscious ―

張力と重力を素材にした彫刻

篠田守男(1931~)は「tension&compression」をコンセプトに、現代美術の第一線で活躍し続ける彫刻家です。
このコンセプトは、1958年のバックミンスター・フラーの建築理論との出会いから発想を得たものです。他に類をみない独創的表現は、1966 年のヴェネツィア・ビエンナーレ出品にみられるよう国際的にも高く評価されています。
篠田作品の大きな特徴は、張力をかけたワイヤーを構造体にして作品の一部を浮遊させる、幾何学的な構造と金属素材が醸し出す緊張感にあると従来みなされています。
そのため、作品に潜在する自然風景や肉体のライン、星の軌道をモチーフとした有機的な要素、すなわち篠田の自然観に目を向けることはあまりありませんでした。
ところが篠田の制作ノートをひもとくと、独自の自然観照が伺える文章が散見され、80年代中頃からは「世阿弥」や「雲」「借景」などの言葉を作品タイトルの副題に用いて、禅文化にみられる日本古来の自然観照への共感を表しています。自然観は篠田芸術を語るうえで不可欠な要素なのです。

本展では、1958年以前の石彫作品から最新作までの作品と資料を合わせて約50点展示し、これまでの作家活動を自然観という観点とともにあらためて振り返ります。90歳を迎えてもなお制作意欲の衰えない篠田守男の芸術をご覧ください。

イベントデータ
開催期間 2021.10/9(土)〜12/19(日)
開催時間 10月 9:00~17:10
11月・12月 9:00~16:10
※最終入館は閉館時間30分前
休館日 10月 無休
11月・12月 月曜、祝日の翌日
※11/22、11/23は開館、11/24は休館
会場 碌山美術館
Website http://rokuzan.jp/shinodamorio-subconscious/
お問い合わせ 碌山美術館
TEL:0263-82-2094
料金・チケット
料金 大人 700円
高校生 300円
小中学生 150円
※障がい者手帳をお持ちの方は半額

関連イベント

記念対談「篠田守男の彫刻空間と禅の美」
日 時 10/9(土) 13:30~
対談者 篠田守男/ 酬恩庵一休寺 住職 田邊宗一師
参加費 無料
会 場 穂高神社内「参集殿」

ワークショップ「篠田守男と一緒に作って飾ろう」
日 時 10/10(日) 13:30~15:00※
参加費 無料
会 場 碌山公園芝生にて( 碌山美術館隣接施設)
持ち物 ハサミ
※雨天の場合 10/11(月)に順延
会場データ
会場 碌山美術館
住所 安曇野市穂高5095-1
電話番号 0263-82-2094
休館日 月曜日、祝日の翌日、年末(12月21日~31日)、5~10月は無休
Website http://www.rokuzan.jp/
JR穂高駅から徒歩7分、長野自動車道安曇野ICから車で15分

カテゴリー選択

カテゴリーを選択すると、次回以降このサイトを訪れた際に、トップページでは選択したカテゴリーのイベント情報が表示されるようになります。
選択を解除したい場合は「全て」を選択し直してください。