CULTURE.NAGANO長野県文化芸術情報発信サイト

イベント情報

春陽会誕生100年 それぞれの闘い 岸田劉生、中川一政から岡鹿之助へ

春陽会は1922(大正11) 年に設立された美術団体で、誕生から100年を迎えました。
発足時には、再興院展の洋画部から脱退した小杉放菴、山本鼎ら6人、洋画団体・草土社の岸田劉生や木村荘八といったメンバー、そして梅原龍三郎や萬鐵五郎などの日本近代美術史における著名画家が名を連ね、名実ともに洋画界を代表する第三の団体となりました。

それぞれの画家の個性を尊重する自由な会風のもと、春陽会の展覧会には油彩画をはじめとして、水墨画、素描、新聞挿画といった幅広いジャンルが出品されました。西洋の最先端の美術動向にも敏感に反応するとともに、画家自らの内面にある土着的なもの、日本的ないし東洋的なものを表現しようとする傾向が早くから見られたのも特徴と言えるでしょう。また、次世代の育成をも念頭に置いた研究所などの芸術研鑽の場を全国的に展開し、今日に続く春陽会の基盤を固めました。

本展では、草創期から1950 年代頃にかけて活躍した画家の作品を中心に紹介し、春陽会で活躍した画家たちの動向や日本の近代美術史における同会の意義を再考します。

※会期中、一部作品の展示替えがあります

イベントデータ
開催期間 2024.3/16(土)〜5/12(日)
開催時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日 水曜日(3/20は祝日のため開館、翌平日3/21休館)
会場 長野県立美術館
Website https://nagano.art.museum/exhibition/exhibit2023_Shunyo-Kai
お問い合わせ 長野県立美術館
TEL:026-232-0052
料金・チケット
料金 一般 800(700)円
大学生及び75歳以上 600(500)円
高校生以下又は18歳未満 無料

※(  )内は20名以上の団体料金
※本館コレクション展および東山魁夷館との共通料金:一般 1,300円、大学生及び75歳以上 900円
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添い1名は無料

関連イベント

春陽会と信州の関係をさらに掘り下げる関連イベント
戦後、岡鹿之助を講師として迎えた東北信における鹿苑会の活動や、鹿苑会から派生展開した信州の美術活動について、関係者・研究者が語り合います。
詳細その他については主催者ホームページをご確認ください。

【クロストーク1】「春陽会と信州―鹿苑会を中心に」
日時|2024年3月16日(土)14:00~15:00
会場|本館B1F ホール
定員|100名(参加費無料〈要観覧券〉、事前申込不要)

【クロストーク2】「上田・小県洋画史と春陽会」
日時|2024年4月27日(土)14:00~15:30
会場|本館3F レセプションルーム
定員|40名(参加費無料〈要観覧券〉、事前申込不要)

【担当学芸員によるギャラリートーク】
日時|2024年4月20日(土)14:00~
会場|本館 展示室1・2・3
※参加費無料(要観覧券・事前申込不要)
会場データ
会場 長野県立美術館
住所 長野市箱清水1-4-4(城山公園内)
電話番号 026-232-0052
休館日 水曜日(祝日は開館、原則翌平日休館)、年末年始
Website https://nagano.art.museum/
JR長野駅善光寺口バス乗場1からアルピコ交通バス11・16・17で「善光寺北」バス進行方向徒歩約3分、上信越自動車道長野IC・須坂長野東ICから長野市街及び善光寺方面へ車で約30分

カテゴリー選択

カテゴリーを選択すると、次回以降このサイトを訪れた際に、トップページでは選択したカテゴリーのイベント情報が表示されるようになります。
選択を解除したい場合は「全て」を選択し直してください。