CULTURE.NAGANO長野県文化芸術情報発信サイト

活動支援・学習情報

募集情報作品・出展募集情報

掲載内容については、掲載時点のものとなるため、詳細については各お問い合わせ先に必ずご確認ください。

第25回熊谷元一写真賞コンクール作品募集について

阿智村では、阿智村出身で膨大な農村記録写真を遺した熊谷元一氏の功績を称え、『熊谷元一写真賞コンクール』を開催します。
前回に引き続き「ふれあい」をテーマとするテーマ部門と、テーマ設定しない阿智村内撮影部門の2部門で募集します。
多くのみなさまのご応募をお待ちしています。
詳細は問い合わせ先ホームページをご確認ください。

テーマ部門「ふれあい」
第25回熊谷元一写真賞コンクールの公募テーマは、前回に続いて「ふれあい」になりました。2020年以来のコロナ禍もなかなか収束せず、なお、さまざまな制約が多い日々が続きます。そんな中で、身近な家族、遠くにいる人たち、ペット、大切にしているものなどと接することの大事さが、あらためて浮かび上がってきました。また、お祭りやイベントなどでとらえられた「ふれあい」の場面も、心を揺さぶるものがあります。日頃写真を撮っている人も、あまり撮らない人も、ぜひ気軽にご応募ください。(熊谷元一写真賞コンクール審査員)
阿智村内撮影部門
テーマにとらわれない阿智村内で撮影した作品を対象にした部門です。元一作品にみられる、人を中心とした生活記録写真の精神を受け継ぐ力作を期待します。ぜひ阿智村にお越しいただき、阿智村にふれてください。住んでいる阿智村を改めて見つめ直し、『阿智村』を活写してください。自然、祭り、温泉、史跡・旧跡…、美しく被写体の宝庫である「阿智村」を撮影し、作品をお寄せください。

  • 施設・団体熊谷元一写真童画館・阿智村役場協働活動推進課(阿智村)
  • 条件1)応募規定
    3年以内(2019年1月1日以降)に撮影した未発表作品とし、カラーまたは白黒、フィルムカメラまたはデジタルカメラ
    2)応募点数
    一人につき応募部門ごとに10作品以内(入賞・入選は1人1点)
  • 募集期間令和4(2022)年9月30日(金曜日)到着分まで
  • 応募方法四つ切(ワイド可)作品の裏に、フィルムカメラ・デジタルカメラの別、テーマの別、作品名・撮影場所(市町村名)・撮影年月・郵便番号・住所・氏名・電話番号・Fax番号・年代(高校生以下は学年)を明記した応募票を貼り、下記へ送付してください。
    【応募先】
    〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里331-1
    熊谷元一写真童画館内「写真賞コンクール事務局」
    Tel/Fax:0265-43-4422
  • お問い合わせ写真賞コンクール事務局 熊谷元一写真童画館 (TEL:0265-43-4422
    https://www.vill.achi.lg.jp/site/motoiti/20220414motoichisakuhinnbosyu.html
    資料・チラシ(PDF)はこちら
信濃大町アーティスト・イン・レジデンス滞在アーティスト公募について

信濃大町アーティスト・イン・レジデンスでは、2022年8月22日から10月15日までの約2ヶ月間、事業の拠点でもある「あさひAIR」に滞在し、大町市の歴史、文化、自然をはじめとする豊かな地域資源を活用した創造的なプロジェクト(現代アート、パフォーマンス、食プロジェクトなど)を展示・発表するアーティストを募集します。

  • 施設・団体北アルプス国際芸術祭実行委員会(大町市)
  • 条件募集人数
    4人(組)程度

    支援内容
    ・活動支援金 【予算の範囲内で主催者が負担します。全て1作家(1人または1組)分のみ支給】
    ・作品制作費:20万円の範囲内で作品制作費(撤去費を含む)を支給します。
    ・滞在費:1日あたり、2,200円を支給します。※滞在場所:原則としてあさひAIRに滞在していただきます。
    ・交通費:大町市職員の旅費に関する条例に準じて算出した額又は実費を支給します。(上限8万円)
    ・保険:健康保険及び傷害保険等はアーティスト側で加入すること。主催者は保険加入等に関する義務は負いません。
    ・地域交流事業費:ワークショップ等の経費は運営側が負担します。(上限4万円)
  • 募集期間2022年6月10日(金)必着
  • 応募方法問い合わせ先ホームページに掲載されている公募要項をご確認ください。
  • お問い合わせ北アルプス国際芸術祭実行委員会 事務局 (TEL:0261-22-0420
    E-Mail:asahi-air@shinano-omachi.jp
    https://shinano-omachi.jp/asahi-air/2826
第11回あづみの新進音楽家オーディション出演者募集

安曇野市では、安曇野を拠点に活躍したいクラシックの若手音楽家を対象に「第11回あづみの新進音楽家公開オーディション」の出演者を募集しています。
オーディション選出者には、11月と3月に行われる教育委員会主催の市民向けコンサートに出演いただきます。

  • 施設・団体安曇野市教育委員会文化課(安曇野市)
  • 条件【一般】県内中信地区(大北地域、松本地域、木曽地域)の出身・在住または安曇野市内での発表歴があることいずれかに該当すること。高校生以上であること。 
    【ジュニア】安曇野市に在住または在学している小学5年生から中学3年生までの児童または生徒であること。

    ※詳細は募集要項を参照してください
  • 募集期間令和4年6月3日(金)必着
  • 応募方法次の3点を応募先へお送りください。
    (窓口へ持参・郵送・FAX・Eメール(申込書類一式を添付)で受付ます)
    ① 申込書用紙
    ② プロフィール票(一般の部のみ)
    ③ 演奏する曲の楽譜のコピー

    【応募先】
    安曇野市教育委員会文化課文化振興担当
    〒399-8281 安曇野市豊科6000番地
    TEL 0263-71-2463 / FAX 0263-71-2338
    メール bunka@city.azumino.nagano.jp

    詳細は問い合わせ先ホームページ、添付のチラシ(申込用紙)をご確認ください。
  • お問い合わせ安曇野市教育委員会 文化課 文化振興担当 (TEL:0263-71-2463
    E-Mail:bunka@city.azumino.nagano.jp
    https://www.city.azumino.nagano.jp/soshiki/43/54102.html
    資料・チラシ(PDF)はこちら
八ヶ岳美術館全国公募展 
第9回あなたが選ぶ信州の裂織展 作品の募集について

八ヶ岳美術館では、隔年で開催しております『八ヶ岳美術館全国公募展 あなたが選ぶ信州の裂織展』の第9回目を2022年秋に開催いたします。

ここ信州の原村では古くから機織りがさかんに行われてきました。ことに裂織は「ぼろ機織り」の名称で親しまれ、今なおその技が大切に継承されています。裂織文化の振興と発展を目的に始められた全国公募展「あなたが選ぶ信州の裂織展」も第9回目を迎えます。
ご来場いただいたお客様の投票によって大賞が選ばれるほか、芸術性・技術・伝統などの視点で審査する審査員特別賞を設けています。

裂織本来の手法を活かした作品のご応募をお待ちしております。

  • 施設・団体八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)(原村)
  • 条件応募資格
    〇全体が裂織の手法でつくられた作品であること。
    〇自己の作品で 他の公募展に未発表の裂織作品。
    〇プロ・アマチュアは問いません。
    作品規格
    〇1人につき2作品まで出品できます。出品受付された作品はすべて展示され、投票の対象となります。
    〇ペアやセットでの出品も可能です。規定サイズ内であれば4点までを1作品とみなします。ただし壁面作品と立体作品とをセットにすることはできません。
    詳細は主催者ホームページをご確認ください。
  • 募集期間令和4年7月1日(金)~令和4年9月5日(月)(当日消印有効)
  • 応募方法必要事項を記入した所定の申込書と、定型内の返信用封筒(返信先記入、封書用切手貼付)を封書にて美術館宛にお送りください。
    申込書到着後、受付の可否を郵送にて通知します。
    受付可となった方には作家証を同封します。(作家証ご提示で、会期中入館無料)
    作家証到着から7日以内に、現金書留にて出品料をご送金ください。
    (この現金書留の控えをもって出品料の領収に代えさせていただきますので、大切に保管してください。)
    詳細は主催者ホームページをご確認ください。
  • お問い合わせ八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館) (TEL:0266-74-2701
    https://yatsubi.com/exhibition/article-next.php?post_id=3374

カテゴリー選択

カテゴリーを選択すると、次回以降このサイトを訪れた際に、トップページでは選択したカテゴリーのイベント情報が表示されるようになります。
選択を解除したい場合は「全て」を選択し直してください。