CULTURE.NAGANO長野県文化芸術情報発信サイト

文化施設情報

松本市安曇資料館マツモトシアヅミシリョウカン

松本市安曇地区は、明治時代初頭から2005年(平成17)までの130年間、「安曇村」として、“杣(そま)の村”“林業の村”から“発電の村”を経て“観光の村”へと歩んだ。館内には、杣仕事や一時期さかんであった養蚕業の道具類、生活用具などを中心に、地区のあゆみを伝える写真や、地元出身の版画家・加藤大道の作品等を展示している。また、近くには、道の駅「風穴の里」や、はた織りを体験できる工房などもある。

施設データ
施設名 松本市安曇資料館マツモトシアヅミシリョウカン
住所 〒390-1520松本市安曇3480-2
電話番号 0263-94-2134
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 平日(5~11月)、冬期(12~4月) 
入館料 無料
駐車場 11台(無料)
JR松本駅から車で50分、長野自動車道松本ICから車で40分

カテゴリー選択

カテゴリーを選択すると、次回以降このサイトを訪れた際に、トップページでは選択したカテゴリーのイベント情報が表示されるようになります。
選択を解除したい場合は「全て」を選択し直してください。