CULTURE.NAGANO長野県文化芸術情報発信サイト

文化施設情報

軽井沢型絵染美術館カルイザワカタエゾメビジュツカン

軽井沢型絵染美術館は、無形文化財人間国宝故芹沢銈介氏に師事し、40年以上型絵染に打ち込んだ故小林今日子氏の作品を展示した美術館です。型絵染とは、渋紙(和紙に柿の渋を塗って強度を増したもの)に紋様を彫り、和紙や布にこの型紙を当てて防染糊をおき、糊のおかれていない部分に刷毛で色をさしていく染物の手法ですが、近年では染色の技法にとどまらず絵画的な意匠を造り出す技法としても注目されています。小林今日子氏の作品は芹沢銈介氏の指導に基づく琉球紅型の手法を基本にした1枚型の糊染めから始まり、辻ケ花染からヒントを得た絞り染、型絵染、合羽摺などを合成し、日本の伝統的な技法をもとに海外をモチーフにした独自の世界を造りだしています。

施設データ
施設名 軽井沢型絵染美術館カルイザワカタエゾメビジュツカン
住所 〒389-0102北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1178-1233
電話番号 0267-42-6064
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 2019年11月4日~2020年6月30日まで休館
入館料 一般(大学生以上)200円、小・中・高生100円、20人以上団体割引あり(一般150円、小・中・高生50円)
駐車場 普通2台(無料)
Website https://www/town.karuizawa.lg.jp/
しなの鉄道軽井沢駅から徒歩で7分

カテゴリー選択

カテゴリーを選択すると、次回以降このサイトを訪れた際に、トップページでは選択したカテゴリーのイベント情報が表示されるようになります。
選択を解除したい場合は「全て」を選択し直してください。