CULTURE.NAGANO長野県文化芸術情報発信サイト

イベント情報

アートラボ2022 第Ⅲ期 荒木優光 ダンスしないか?

長野県立美術館本館2階の「アートラボ」は、視覚以外の感覚も使った鑑賞が可能な「ラボラトリー(実験室)」となることを目指しています。2022年度の第Ⅲ期展覧会では、荒木優光を紹介します。


荒木は音を聴くこと、またその環境そのものに着目し、さまざまな仕方で音を聴く場―独自に「音場(おんば)空間」と呼ぶ―を構築することを基盤とするアーティストです。「音の場を作ることは、音を聴くことから始まる」と言う荒木は、視聴環境自体をつくることをも作曲行為であるととらえています。つまり、荒木の作品には「音をいかに聴くか/聴くことができるか」という問題が通底しています。

今回アートラボで展示するのは、見ること(視覚)と聴くこと(聴覚)を行き来しながら鑑賞する作品です。レイモンド・カーヴァ―の短編小説『ダンスしないか?』をヒントに、「リ-サイクル」というキーワードに着想を得た無人の音楽劇を展開します。展示室には使い古された家具やレコードが配置され、人々の声や様々な音が響きます。音が録音・再生されることによって時間や場所を越えた再現性をもつ性質に、中古の品々や人々の関係性を重ね、それらが循環する様子を描くのです。

その音を聴いたとき、どんな景色が見えるでしょうか。それぞれのうちに立ち上がるストーリーをお楽しみください。

※会期中にイベントの開催を予定しています。詳細は決まり次第お知らせしますので、当館HPやSNSにてご確認ください。


荒木優光(あらき・まさみつ)https://www.masamitsuaraki.com/

1981年山形県生まれ。
音楽やフィールドワークを起点として独自の音場空間を構築する。近年は視聴覚空間の多様性を踏まえ、新たなフェーズとしての「再生」を軸として実践と考察を進める。発表媒体はシアターピースやインスタレーションなど多岐にわたる。近作に、個展「わたしとゾンビ」(京都市京セラ美術館 ザ・トライアングル、2020)など。2013年初演の『パブリックアドレス – 音場』が2021年、クンステン・フェスティバル・デザールに招聘された。また、サウンドデザイナーとしてのコラボレーションも多く、アーティストコレクティヴARCHIVES PAY、音楽グループNEW MANUKEのメンバーとしても活動。2022年度セゾン文化財団セゾン・フェロー。

イベントデータ
開催期間 2022.11/3(木)〜1/29(日)
開催時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日 水曜日
※11/23は祝日のため開館、翌平日の11/24休館 、年末年始(12/28~1/4)
会場 長野県立美術館
Website https://nagano.art.museum/exhibition/artlab_araki2022
お問い合わせ 長野県立美術館
TEL:050-5542-8600
料金・チケット
料金 無料
会場データ
会場 長野県立美術館
住所 長野市箱清水1-4-4(城山公園内)
電話番号 050-5542-8600(ハローダイヤル)
休館日 水曜日(祝日は開館、原則翌平日休館)、年末年始
Website https://nagano.art.museum/
JR長野駅善光寺口バス乗場1からアルピコ交通バス11・16・17で「善光寺北」バス進行方向徒歩約3分、上信越自動車道長野IC・須坂長野東ICから長野市街及び善光寺方面へ車で約30分

カテゴリー選択

カテゴリーを選択すると、次回以降このサイトを訪れた際に、トップページでは選択したカテゴリーのイベント情報が表示されるようになります。
選択を解除したい場合は「全て」を選択し直してください。