CULTURE.NAGANO長野県文化芸術情報発信サイト

イベント情報

浪漫の系譜 梅野 亮展

明治を代表する洋画家青木繁の親友であり、青木の画業を生存中も没後も支えた梅野満雄を祖父に持ち、生前すぐれた仕事を遺しながら埋没した作家を顕彰し世に問うた梅野隆を父に持つ梅野亮は、幼いころから文学や絵画に親しみ、自身もおびただしい詩や絵をつくりました。

高校を卒業し美大への進学を目指していた梅野亮は、父に連れられて行った画廊で日本画家の中村正義に出会い、その才能を激賞されます。そして中村正義から、美大へ進学したらせっかくの才能を喪失してしまうと言われ、進学を断念して20歳の若さで渡仏し、パリのグラン・ショミエールで学びます。この頃に描かれた作品は、思春期だけに感じる不安や孤独が見事に表現されています。

2年後に帰国した梅野亮は、公募団体に所属せず個展を通じて作品を発表し、徐々に美術界の注目を浴びるようになりますが、27歳の頃に筆を折り、サラリーマンに転身しました。

それから30年後、梅野亮は画業を再開しますが、再開してからの作品は、段ボールを用いたり、一度着彩した画面を熱処理したり、板材を彫ることによって、画面効果にこだわった作品を制作しています。

幼いころから青木繁の作品を身近に見ていた梅野亮は、青木繁の持つ文学性や浪漫性を引き継いでいます。青木繁は日本神話に題材を取った作品を制作しましたが、梅野亮は幼少期に読んだ童話などの影響を受け、空想上の神話の世界を描いています。

この作家の浪漫あふれる詩情と天性の色彩の美しさは、子供から大人まで幅広い鑑賞者に楽しんでいただけると思います。ご家族一緒においでください。

イベントデータ
開催期間 2020.10/4(日)〜1/17(日)
開催時間 9:30~17:00
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
会場 梅野記念絵画館・ふれあい館
Website https://www.umenokinen.com/exhibition.html
お問い合わせ 梅野記念絵画館・ふれあい館
TEL:0268-61-6161
料金・チケット
料金 800円(団体700円)、中学生以下無料
※団体割引は15名様以上から
※身障者割引、学校利用減免、減額制度あり
会場データ
会場 梅野記念絵画館・ふれあい館
住所 東御市八重原935-1
電話番号 0268-61-6161
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始、展示替え期間
Website http://www.umenokinen.com/
しなの鉄道田中駅から車で10分、上信越自動車道東部湯の丸ICから車で15分

カテゴリー選択

カテゴリーを選択すると、次回以降このサイトを訪れた際に、トップページでは選択したカテゴリーのイベント情報が表示されるようになります。
選択を解除したい場合は「全て」を選択し直してください。