CULTURE.NAGANO長野県文化芸術情報発信サイト

イベント情報

夏季企画展「地酒王国 信州」

米作りをしてきた日本人にとって、米を原料とする酒(日本酒)は、現代でも冠婚葬祭や日常生活に欠かせないものであり、各地の酒蔵で酒造りが行われてきました。

現在、長野県には80の酒蔵があり、これは新潟県の89に次いで国内第2位の数です。酒蔵は県内各地にあり、自然を生かした個性あふれる酒が造られ、幾多の試練を乗り越えて今の「地酒王国」に至っています。この地酒王国信州はどのように誕生したのでしょう。

(1)酒蔵が数多く誕生した米社会の江戸時代
(2)明治から続く幾多の試練
(3)研修を積んで銘醸地入りした昭和
(4)名を広め、現代日本を個性化で生き抜く酒蔵
この4章から地酒王国の歴史をたどります。地酒王国を支える信州の水や酒米の内容についても展示します。

※イベント等につきましては、今後の状況により、中止または人数制限等行う場合がございます。詳しくは主催者へ直接お問い合わせください。

イベントデータ
開催期間 2020.7/11(土)〜8/23(日)
開催時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(ただし、2020年9月15日~9月27日は無休)、年末年始、そのほか臨時休館あり
会場 長野県立歴史館
Website https://www.npmh.net/exhibition/2020/02/post.php
お問い合わせ 長野県立歴史館(総合情報課)
TEL:026-274-3991
料金・チケット
料金 【一 般】常設展示室:300円、企画展示室:300円、常設展+企画展:500円
【大学生】常設展示室:150円、企画展示室:150円、常設展+企画展:250円
※小・中・高・特別支援学生、障がい者手帳などの交付を受けている方と同伴の介護の方は「無料」です。
※20名以上団体割引あり

関連イベント

■トークセッション
〔テーマ〕「地酒王国-信州の地域性、自然、未来-」
〔日時〕 8月8日(土)13:30~15:00
〔コーディネーター〕笹本正治(当館館長)
〔パネラー〕薄井智哥子 氏(大雪渓酒造代表取締役)、若林真実 氏(若林酒造杜氏)、由井詩織 氏(長野県酒造組合PR大使)畔上不二男(当館専門主事)

■講演会
〔テーマ〕「信州の酒文化と歴史・雑学」
〔期日〕8月22日(土)13:30~15:00
〔講師〕相澤節子 氏(県原産地呼称管理委員会 日本酒・焼酎委員会相談役)

■イベント
〔テーマ〕「発酵の学校」
〔期日〕8月2日(日)10:00~15:00
〔内容〕発酵のおはなし会 13:30~14:00 ・ 発酵って何だろう 10:00~15:00
会場データ
会場 長野県立歴史館
住所 千曲市屋代260-6
電話番号 026-274-2000
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始、そのほか臨時休館あり
Website http://www.npmh.net/
しなの鉄道屋代駅・屋代高校前駅から徒歩25分、長野自動車道更埴ICから車で5分、上信越自動車道高速バス「上信越道屋代」下車徒歩5分

カテゴリー選択

カテゴリーを選択すると、次回以降このサイトを訪れた際に、トップページでは選択したカテゴリーのイベント情報が表示されるようになります。
選択を解除したい場合は「全て」を選択し直してください。